照明はLED?蛍光灯?

照明と言えばLEDを使うのか蛍光灯を使うのかによっても節電効果が変わると言われてていますが、実際には節電以外の違いが良く分からないと言う人も少なくありません。
では実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

まずLED照明の場合は経口とと比べると明るさが均一だと言う特徴があります。
また劣化しにくいので、使い続ける事によって接続部や両端などが黒くなってきてしまうと言う事もありません。
ただ実際に部屋で利用する場合、その明るさによってはそれ程大きな違いを感じないと言う人もいます。

もう一つはLEDの方が虫が寄って来にくいと言う事です。
どうしても照明を使っていると虫が来てしまうと言う事は多く、リビング照明のカバーの中には黒い物が点々とあると言う事は決して珍しい事ではありません。
ただLEDの方が比較的蛍光灯よりも虫が来にくいと言う特徴があります。

あとは温度に関しての違いです。
蛍光灯は使用し続けるとどうしても高温になってしまいますが、LEDの場合はそれ程熱くなってしまう事は有りません。
従って沢山使用したとしても空調などに対する影響を考える必要もないと言う特徴があります。

販売価格が違うと言うのも特徴の一つです。
基本的にはLED照明の方が長持ちはしますが、価格はまだ蛍光灯よりは高額になっているので、購入金額だけで比べると蛍光灯の方がお得な感じがする人もいます。
ただ実際にはどれだけ長持ちするか等も考えておく必要があると言う事を知っておきましょう。

Leave a Comment