LED電球の特徴

現在では、LED電球が店頭で販売されているのを多くみられますが、LEDは発光ダイオードを意味しています。1996年に白色のLEDが開発されたことで、LED電球などの関連する商品が発売されるようになっています。

このLED電球には、多くのメリットがあります。広く知られているものには、従来の白熱電球と比較して消費電力が低いことと、使用できる期間が長いため、エコ製品といわれていることです。
またLED電球は、電気エネルギーが直接光エネルギーに変換されて発光されますので、赤外線や紫外線の放射が少ないとされています。
従来の蛍光ランプは、紫外線が蛍光体にあたることで可視光にかわるようです。
さらには、低温でも発光効率が下がらないためすぐに明るくなり、振動や衝撃にも強いといわれています。

一方で、LED電球にはデメリットもあります。
一つには、販売価格の高さがあり、従来の電球に比べておよそ4倍となっていることです。そして、重量があるため照明器具などの強度を考えなければならないことです。
これは、LED電球の特徴といえる電子回路が必要とされることから、重くなってしまうようです。
メリットも多くありますが、デメリットもありますので、設置される器具の強度を確認されて購入を検討されるのがいいでしょう。
メーカーは、重量を軽くできるよう工夫を行っていますので、LED電球への交換はこれらを参考にされて優先する条件を決められてはいかがでしょう。