LEDの選択に大事なこと

LED照明を選択する際に大事なことは、明るさや性能、照明器具の大きさ、デザインをよく見ておく必要があります。まずは明るさですが、あまりに明るすぎることは実はそこまで問題ではありません。明るければ暗めに設定すればいいからです。しかし、最大にしてもまだ暗いような状況ではどうしようもないため、明るいものを選ぶ必要があります。この際に出てくる言葉としてルーメンという数値が重要になります。

ルーメンとはLED照明の明るさを示す数字で、大きければ大きいほどこの数値が上がります。4畳半なら2700ルーメン、6畳なら3200ルーメン、8畳なら3800ルーメン、10畳なら4400ルーメンと2畳増えるごとに600ルーメンずつ大きくなることを覚えておきましょう。

性能としては、明るさを数段階で調整できるものや光の色を変えられるもの、部屋の明るさをセンサーで一定のものにしてくれるもの、明るさを記憶してくれるもの、おやすみタイマーといった様々な性能があります。自分にとってどれが必要でどれが不必要なのか、最初に決めておくのもいいかもしれません。

次にLED照明の大きさですが、今まで使っていたものと同じような大きさであれば十分と言えます。あまりに小さすぎると今まで使っていた照明の汚れが際立ってしまうため、注意が必要です。デザインに関しても、出っ張りの少ないものや和室に合わせた正方形タイプのものなど様々あるので部屋に合わせてデザインをチョイスしましょう。こうしたことに注意して部屋に合ったLED照明を探してみましょう。