LEDを検討する際、従来の蛍光灯と比較してみた

照明をLEDに変えると電気代が安くなると言うイメージがあり、照明にLEDを選ぶ方が多くなっています。LEDと蛍光灯を比較し、それぞれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

まずLED電球の消費電力は、電球型蛍光灯とほぼ同じです。しかし、寿命はLEDが約4万時間、電球蛍光灯は約15000時間です。消費電力から見ると、両者ともに変わりがないように見えますが、LEDの方が寿命が長いため、取り換えをする頻度が少なく、手間がかかりません。LEDは半導体である「発光ダイオード」のことです。電気を流すとすぐに明るくなり、照明をつけるのに時間がかからないというメリットもあります。LED電球のデメリットについても考えてみると、コストが高い、蛍光灯に比べて重量が重いので、何かの拍子に落下すると怪我をする危険がある、熱に弱いので、台所や浴室には向いていない、などが挙げられます。

次に電球型蛍光灯のメリットについて考えてみます。購入価格は安く、長時間使用しない場合にはLEDよりもコストを抑えることができます。また、LEDに比べて軽いので、危険な場所に照明をつける場合には蛍光灯のほうが安全で、災害対策にもなります。また、いろいろな色を持っているので、インテリアに合わせた照明選びができます。デメリットは、LEDよりも紫外線や熱線が多いため、例えば美術館や博物館などの絵画や展示物を傷つける恐れがあるところです。

それぞれのメリット、デメリットを考えて、自分の生活に合った照明を選ぶと良いでしょう。

素敵なサイトをご紹介しています。/オール電化住宅ファンズ/Googleページランク3/相互リンクダイレクト/seoリンク